コラーゲンって?

コラーゲンの基礎知識記事一覧

コラーゲンとは?

コラーゲンはもともと人間の体内に存在している成分です。タンパク質の一種で、肌に含まれているのはもちろんのこと骨、血管、関節などにも含まれています。コラーゲンの体内での役割はたくさんあります。肌の弾力やハリを維持する、関節の動きをスムーズにする、骨を丈夫に保つ血管のしなやかさを保つなど多岐にわたっているんです。体内のコラーゲンの40%近くは皮膚に存在、20%近くが骨や軟骨にあって、残りが内臓や血管などにあるので、肌だけではなく体全体に必要な成分と言えるわけですね。
続きはコチラ

コラーゲンサプリには効果がない?!

コラーゲンサプリメントを飲んだら、そのまますぐに吸収されて肌や骨など必要な部分に届くと思っている方が多いのではないでしょうか?残念ながらそれは間違いです。コラーゲンは胃の中に入るとまず酵素で分解されます。その後別の酵素でさらに分解されてアミノ酸になります。アミノ酸になったら肝臓や心臓などの臓器など、体中に行きわたります。コラーゲンサプリを飲んだらそれが肌に直接行き届くというわけではありませんので、効果が実感できないという方もいるのでしょう。このことからもわかるように、コラーゲンに対する正しい知識がないと誤解を招いて間違ったケアをしてしまいがちになります。正しい情報を得ることで間違ったケアをやめ...
続きはコチラ

コラーゲンサプリの選び方

コラーゲン配合のサプリを飲んでもその成分が直接肌に届くわけではないのでサプリメント選びは慎重にした方がいいと「コラゲーンサプリには効果がない?」の記事でお話ししましたね。では一体どういう基準でサプリメントを選んだらいいのでしょうか?
続きはコチラ

食品に豊富に含まれているコラーゲンって?

コラーゲンをたくさん含んでいる食品は数多くあります。冷えるとプルプルとしたゼラチンのように煮こごりという固まりができる食品にはコラーゲンが含まれているものですね。動物性食品では、鶏の手羽先・軟骨・牛スジ・牛テール・豚バラ肉・豚足など。魚類では、フカヒレ・エイヒレ・スッポン・うなぎ・カレイ・エビなど。この中でもダントツで多くコラーゲンを含んでいるのはフカヒレで100g中にコラーゲンが9,920mgも含んでいます。うなぎには100g中5,500mg、牛スジには4,980mg、鶏軟骨には4,000mgとかなりたくさんのコラーゲンが含まれていますね。また、鮭は2,400mg、サンマは2,000mgなど...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る